競馬場コース特徴

コース総合見解
芝のポケットスタート。ダートの本線までに150mほど芝を走る。芝で加速をつけてスピードに乗せる必要があるため、出遅れは致命的。まずは好発できるかどうかが勝負の分かれ目となる。

スローペースになることは少なく、ラップは大きく前傾するのが基本。砂質も軽いため、結果的に芝並みの速い時計・上がりが要求されることになる。そのため、得意な馬は得意だが、不得意な馬は不得意と、適性の差がハッキリと出る。

ダート戦ということで基本的には逃げ・先行が有利だが、東京ダート1300m~1400mに比べると逃げ切りの割合は少なく、上級クラスになると後方からの差し・追い込みも届く。

競馬場の芝1400m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース

競馬場の1600m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース。

競馬場の芝1800m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース

競馬場の芝2000m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース。

競馬場の芝2300m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース。

競馬場の2400m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース。

競馬場の芝2500m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース。

競馬場の芝3400m

緩急2種類のが連続し、500mを超える長い直線が特徴。
コーナーが緩やかで幅も広く、馬群がごちゃつく心配が無い。
馬の能力が大きく反映される、タフなコース。

競馬場のダート1300m

ダートコース最長の500mを超える直線が大きな特徴。加えて、高低差2.4mのv坂もあり、末脚勝負になりやすい。

競馬場のダート1400m

ダートコース最長の500mを超える直線が大きな特徴。加えて、高低差2.4mのv坂もあり、末脚勝負になりやすい。

競馬場のダート1600m

ダートコース最長の500mを超える直線が大きな特徴。加えて、高低差2.4mのv坂もあり、末脚勝負になりやすい。

競馬場のダート2100m

ダート
コース最長の500mを超える直線が大きな特徴。加えて、高低差2.4mのv坂もあり、末脚勝負になりやすい。

競馬場のダート2400m

ダートコース最長の500mを超える直線が大きな特徴。加えて、高低差2.4mのv坂もあり、末脚勝負になりやすい。

優良サイト一覧バナー

この記事のサイトは優良ですか?(★が多いければ優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (1 投票, 評価平均値: 4.00)
Loading...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ