競馬用語集【か行】

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

競馬で役立つ用語集をご紹介します。是非ご活用ください。

飼い食い[かいぐい]

飼い葉と呼ばれるエサの食べっぷり。体の調子が悪かったり、興奮・緊張すると飼い食いが悪くなる。飼い食いは馬体の成長に密接に関係してくるので、よく食べる馬は強くなりやすい。

返し馬[かえしうま]

本馬場に出てきた馬が思い思いの走りで行うレース前のウォーミングアップ。ゴールインした馬が検量室前に引き返してくる場合にも使う。

掛かる[かかる]

レース中、馬が前に行きたがること。掛かった馬は体力を消耗し、最後の直線で力を出しきれずに終わることがある。「引っ掛かる」と同じ意味。

格上げ[かくあげ]

レースで勝ちあがり、1つ上のクラスに移ること。

格上挑戦[かくうえちょうせん]

その馬の自己条件よりも上のクラスに挑戦すること。まだオープン馬になっていない馬が重賞に挑戦するような場合に使う。
角馬場
鹿毛

角馬場[かくばば]

速い追い切りの前に行うウォーミングアップのための馬場。角馬場で走らせるのは、筋肉をほぐし故障を予防するためでもある。大きなもので1周500メートル、小さいもので180メートルぐらいのものが数ヶ所ある。ちなみに「追馬場(おいばば)」が正式名称。

鹿毛[かげ]

馬の毛色の一種。明るい赤褐色から暗い赤褐色。鬣(たてがみ)や尾などは黒色となっている。

化骨[かこつ]

馬の成長に関する言葉。骨組織が生成されたことを指す。

粕毛[かすげ]

馬の毛色の一種。一般に暗灰色。芦毛と似ているが、白毛の部位が異なる。

空馬[からうま]

レース中に騎手が落馬して馬のみが走っている状態。その馬がゴールインしても、着順は与えられない。

仮柵[かりさく]

内ラチから一定の距離を離して外目に設けられる柵。馬場の内側はレースのたびに馬が殺到するため、芝の保護の目的で設置される。最内柵をAコースとし、外へ行くごとにBコースなどと呼ぶ。

ガレる[がれる]

疲労やストレスなどで元気がなく馬体が貧弱になってしまうこと。飼い食いが悪かったり、調教を強くやりすぎたなどの原因でガレる場合がある。

変わり身[かわりみ]

休養明け初戦のレースなどで凡走後、次のレースで馬体の良化や馬の気合いが乗ってくること。前のレースよりも力を出せる状態になっている時に使われる。

カンパイ[かんぱい]

発走委員が公正な発走でないと認め、スタートをやり直すこと。日本で近代競馬が始まった頃、横浜・根岸競馬場の外人スターターが「カムバック!」と叫んだのを、「カンパイ!」と聞き違いしたのが言葉の所以と言われる。

冠馬名[かんむりばめい]

馬の名前の一部に使われる特定の言葉。馬主が自分の持ち馬であることを示すために使うことがある。例:メジロ●●、シンボリ●●、ナリタ●●。なお、日本の競馬の馬名は2文字から9文字以内となっている。

利き脚[ききあし]

走る時にどちらの脚を先に出すかで決まる脚。右脚が先なら右手前、左足が先なら左手前と呼ぶ。

騎坐[きざ]

騎手が鞍の上で、両膝で締めつけるようにして乗る時の膝を指す。バランスを保つために重要。

黄旗[きばた]

ゲートから5メートル先のスタートラインに立つ係員が、先頭の馬が通過すると同時に振る旗。計測係は、それを見てストップウォッチを押す。そのため時計旗とも呼ばれる。現在は、赤外線による自動タイム計測器が併用されている。

決め手[きめて]

レースで勝った時のその馬の戦法。通常、「決め手がある」と言った場合は、その馬の末脚が切れることを指す。

脚質[きゃくしつ]

その馬が得意とする戦法。逃げ、先行、差し、追い込みなどがある。

脚部不安[きゃくぶふあん]

競走馬の脚がまともにレースに出られない状態。骨折や屈腱炎などの一歩手前であることもあり、ひどくなると調教もできない。また、最悪の場合は引退となるケースもある。

キャンター[きゃんたー]

馬の歩き方の呼称の1つ。ゆったりとした走り方で、返し馬のときに多く使われる。馬の歩き方には「常歩(なみあし)」「速歩(はやあし)」「駈歩(かけあし)」「襲歩(しゅうほ)」の4種類があり、キャンターは駈歩にあたる。ほかは英語で「常歩=ウォーク」「速歩=トロット」「襲歩=ギャロップ」。ちなみに、「ダク」というのは日本語で「速歩」にあたる。

急仕上げ[きゅうしあげ]

休養明けの馬を短期間でレースに出られるようにする調教。仕上げの過程である部分を省略しているので、レースで力を出しきれない場合が多い。

厩務員[きゅうむいん]

飼い葉と呼ばれるエサを与えたり、毎日の手入れなどを行う競走馬の世話係。原則として1人が2頭を管理する。

競走除外[きょうそうじょがい]

パドックや返し馬の時などに馬体に異常が発見され、出走を取り消すこと。

競走中止[きょうそうちゅうし]

レース中に故障や落馬など何らかのアクシデントを起こし、途中でレースを棄権すること。

斤量[きんりょう]

→負担重量

クセ馬[くせうま]

競走に影響をおよぼす「クセ」を持った馬。集中力がない、真っ直ぐ走れない、他馬を怖がるなどのクセがある。

口取り式[くちとりしき]

勝った馬と騎手、その関係者が一緒にウイナーズサークルで行う記念撮影。

口向き[くちむき]

馬が噛んでいるハミ受けの状態。このハミ受けが悪いと騎手の意思がうまく伝えられず、レース運びがスムーズにいかない。こういう場合、「口向きが悪い」と言う。

屈腱炎[くっけんえん]

特に前肢に起こりやすい腱の病気。炎症を起こした患部がエビの腹のように膨れることから「エビハラ」「エビ」とも呼ばれる。馬にとっては、競走能力を喪失しかねない重大な病気。

クラシックレース

▲2004年の皐月賞。ダイワメジャーがコスモバルクの追撃を振り切り優勝

首の上げ下げ[くびのあげさげ]

2頭以上の馬が、ほぼ同時にゴールした時に使われる言葉。首が上がっているか、下がっているかは着差に微妙な影響を与える。通常、首が下がっている方が有利になる。

鞍[くら]

騎手を乗せるための道具。これに騎手の体重を加えたものが負担重量となる。

クラシックレース[くらしっくれーす]

明け3歳馬により争われるGIの「桜花賞」「オークス(優駿牝馬)」「皐月賞」「日本ダービー(東京優駿)」「菊花賞」の5大レース。イギリス競馬にならって創設され、同じ3歳GIの「秋華賞」は日本独自に開設されたものなのでクラシックレースには含まれない。

クラス分け[くらすわけ]

競走馬は年齢と収得賞金によってクラスが分けられている。勝てば必ずクラスが上がり、例外として、一部の馬は4歳夏にクラスが下がったり、重賞で2着に入って収得賞金が増えクラスが上がる場合がある。通常、新馬戦からスタートし、勝てば次のクラスに進み、勝てなかった馬は未勝利戦で戦うことになる。勝つごとに500万円以下、1000万円以下、1600万円以下へとステップアップしていく。

栗毛[くりげ]

馬の毛色の一種。黄褐色から赤褐色の明るい毛色。鬣(たてがみ)や尾は淡い白色から黄褐色の濃い色をしている。

グレード制[ぐれーどせい]

重賞レースの位置づけを明確にするために創設された制度。欧米にならい1984年から格付けされた。「GRADE」の「G」をとって、GI・GII・GIIIの3つに分類されている。平地競走については、国際格付けを持つ競走をGI、GII、GIIIと表記し、それ以外の競走をJpnI、JpnII、JpnIIIと表記。また、障害競走の格付けはJ・GI、J・GII、J・GIIIとなっている。

黒鹿毛[くろかげ]

馬の毛色の一種。黒味がかった赤褐色。たてがみや尾、脚先は黒い。

経済コース[けいざいこーす]

内ラチすれすれのコースの俗称。道中、ムダな体力を使わずに走れる経済的なコースという意味。

毛色[けいろ]

サラブレッドの種類を区分けするための体毛の種類。現在、「栗毛(くりげ)」「栃栗毛(とちくりげ)」「鹿毛(かげ)」「黒鹿毛(くろかげ)」「青鹿毛(あおかげ)」「青毛(あおげ)」「芦毛(あしげ)」「白毛(しろげ)」の8種類が定めら

れている。

毛づや[けづや]

馬の毛の「つや」のこと。毛づやがいい馬は栄養十分で健康状態も良好であることを示している。

気配[けはい]

馬体や気合い、歩様など、その馬を総合的に見た状態。

ケントク買い[けんとくがい]

馬そのものを見て買うのではなく、自分の誕生日や語呂合わせなどをもとにする馬券の買い方。

検量[けんりょう]

出走馬ごとに行われる負担重量のチェック。発走70分前に行われる「前検量」、レース後に上位入線7位までの騎手に対して行われる「後検量」がある。

減量騎手[げんりょうきしゅ]

通常よりも負担重量が軽くなっている騎手。「見習騎手(みならいきしゅ)」が正式な名称。減量制度は、騎手免許をとったばかりの騎手に対して騎乗の機会を多く与え、育成を図るために設けられた。

好位差し[こういさし]

馬の脚質の一種。道中、先頭から4、5番手あたりに位置し、直線で抜け出す。勝った場合、「好位差しが決まった」などと言う。
膠着[こうちゃく]
馬が動かなくなった状態。馬は基本的に狭いところが苦手なのでゲート内で起こりやすく、その場合「枠内膠着」と言う。また、レース中、ほとんどの騎手が他の馬を気にして動くに動けなくなった場合、「レースが膠着した」と言うこともある。

降着制度[こうちゃくせいど]

平成3年から導入された制度。レース中、他馬の走行を妨害した馬が妨害された馬より上位で入線した場合、その不利を受けた被害馬の次の順位に、加害馬の着順が繰り下げられる。また、その走行妨害が原因で被害馬が競走中止となった場合、加害馬は失格となる。ちなみに、被害馬が加害馬より上位で入線した場合は降着は発生しない。

後方一気[こうほういっき]

追い込み馬特有の戦法。4コーナーまではほぼ最後方にいて、直線で一気にスパートをかける。直線を向くまでは余力を十分残しておかなければならず、仕掛けどころも難しいので、不発または届かずに終わることもある。

ゴーグル[ごーぐる]

レースや調教中に騎手が用いる器具。雨風や砂、泥などが目に入るのを防ぐために着用する。

コースレコード[こーすれこーど]

各競馬場の各コースで樹立された最も速いタイム。

午後乗り[ごごのり]

調教の開始時間を遅らせ、朝、飼い葉を与えてから馬場入りさせる時に使われる言葉。通常、調教は早朝だが、馬場の凍結や積雪のために調教ができない時はこの午後乗りとなる。

コズみ[こずみ]

疲労が蓄積し、肩や腰、腱などに起こる筋肉炎の俗称。筋肉痛と同じで痛みを伴う。

骨折[こっせつ]

競走馬は、細い脚に全体重がかかった状態で全力疾走するため、常に骨折の危険性を持つ。軽い場合は患部を固定して3か月から1年ほど休養すれば完治するが、複雑骨折や粉砕骨折の場合、ほとんど完治は不可能。立てなくなった馬は生きていくのが難しいので、特にレース中に発症した場合、重症となり予後不良の措置がとられることがある。

古馬[こば]

一般的には4歳以上の馬を指す。2歳馬の出走する夏季から年末までは3歳以上の馬に対して呼ぶこともある。

小回り[こまわり]

最後の直線が短く、カーブがきついコース。小回りコースは器用な馬が得意と言われる。

コロガシ[ころがし]

馬券の買い方の1つ。前のレースで得た払戻の全額を、次のレースで賭けるやり方。通常、単勝もしくは複勝を1点だけ買い続けることが多い。どこかで外れると元も子もなくなるが、それでも最初の元手だけ損ということになる。

優良サイト一覧バナー

この記事のサイトは優良ですか?(★が多いければ優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ